コピー機はリース契約も選択肢の一つです

バナー

コピー機はリース契約も選択肢の一つです

会社でコピー機の導入を検討する場合、本体価格だけでなくコピー用紙、トナー代などを含めた一枚あたりのランニングコストを考え自分の会社に合ったものを検討していきます。

思いきって購入してみても良いですがリースやレンタルのプランも充実しているので候補の一つに加えてはいかがでしょうか。



使用頻度が多いならリースがおすすめです。

契約期間は五年程度のところが一般的で長期になりますが好きなコピー機の機種を選べるところが多く初期費用もかかりません。



納税や保険等もリース会社がしてくれるところも多いので余計なコストを考えずに済みます。
契約期間が終わると返却をするか再契約、もしくは残金を払って買い取る方法もあります。
カウンター機といって使用した枚数によって計算するものもあればコピー用紙代やトナー代などを含めてリースしてくれるところもあるので見積りをとってから決める事が大事です。
デメリットとしては中途解約が原則不可なところが多いので契約内容を把握しておくことが大切です。

他の契約形態としてはレンタル契約というのもあります。

使用頻度が少ない人には適していて契約期間は1年か2年程度と短めです。



中古が多く初期費用も多少かかります。

どちらの場合でもメンテナンスは月一回程度ありメーカーの人が来てくれる場合があるので安心です。
コピー機は合ったものを選ぶ事でランニングコストを押さえる事ができるので導入する前に色んな選択肢を揃え検討していくのが賢い選び方です。


Copyright (C) 2015 コピー機はリース契約も選択肢の一つです All Rights Reserved.